子供とアイカツゲームで遊び可愛いと思えた事

子供というものは、時々可愛いなと思える事があります。
年少なのですがまだ完ぺきに一人でゲームをできるわけではないですがカードゲームの「アイカツ」を一生懸命してはまっています。
本人は、色のボタンを音楽に合わせながら押している事が楽しい事と新しいカードがでてくることがとても楽しいのです。
女の子はやっぱり可愛いものが好きで女の子のキャラクターが楽しいようです。
本物のゲームは1回100円とお金が必要で本人のためにも1日1回しかしてはいけないと決まり事を決めています。
決めていないと子供は何度もしたいと思うからです。
遊びに行った時にカードをもっていっていると必ずすると言います。
なにげなく家で遊んでいる時に私が画用紙に色のついたボタンの絵をゲームと同じよう書いてあげました。
そしたら子供が喜んでなんどもそのボタンの絵を触りながら遊んでいるのです。
練習しないとといいながら触って遊んでいるのです。
それがなんともかわいいなと思えました。
おまけに他の画用紙にカードをつくりこれに絵を描いてと言うのです。
洋服の絵やアクセサリーを描いてテーブルの下から1枚落とすとゲームと同じように喜ぶのです。
何でもお金をかけるだけが遊びではないなと思ったひとコマでした。
なんでもないものは自分で作ればよいし努力すれば何だって遊べると思いました。
こういう何かを作ると言う行為が想像力を豊かにしていくのだろうなと思います。

幼稚園児くらいならこのように遊んでも楽しいと言う事がわかりこれからもいろんな事を画用紙などを使って遊んであげようと思います。
本人は、にせもののゲームだとわかっていても同じような感覚を味わえるのが楽しいようです。
親も勉強になった出来事でした。

子供の育て方の違いについて

私には二人の子供がいます。上の子は8歳で下の子が4歳です。子供を育てる親として、どのように育てたほうが良いのかいまだにわかりません。
上の子に対しては初めての子供だったので、神経質になりすぎた感じもしています。そのため、子供にはプレッシャーをかけすぎてしまったと反省している部分があります。上の子と下の子では育て方に違いがあります。上の子は比較的うるさく言うことも多く厳しく育てています。習い事なども子供の意志では無くてもやらせてみたり、勉強も親がきちんと見てあげています。
しかし、下の子に対してはある程度自由にさせています。習い事などは無理にやらせないし、勉強も親があまり強要しないようにしています。
干渉をしすぎるのと、自由に放っておくのとでは、どちらの教育が良いのか自分ではわからないし、だからこそ二人の子供に対して育て方を変えてみています。
自分が親となった今では、子供を育てる大変さを実感しています。私はまだまだ未熟だと痛感しているので、子供がきちんと育って行けるように頑張っています。二人の子供の育て方の違いはありますが、根本的には健康で元気に育ってほしいと思っています。
現在は二人とも元気に育っているので嬉しいことです。これからもっと大きくなってくれば、進学や試験などが関わってきます。子供も大きくなってくれば自分の意志もはっきりしてくると思うので、最終的な判断は子供に任せて親はしっかりとサポートしてあげようと思います。

更新履歴